TOP

VISA(ビザ)とは

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに

近年、日本のグローバル化の加速や労働市場における深刻な人手不足問題等の様々な理由で日本へ移住を希望している外国人の数は増加しています。しかし、外国人が希望すれば日本に移住が出来るという簡単な仕組みではなく、日本へ移住するためには、原則として「ビザ」が必要になります。皆さんも、この「ビザ」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思いますが、「ビザ」の正確な意味ってご存知でしょうか?日本で、一般的に使われている「ビザ」と、法律(出入国管理及び難民認定法)で規定されている「ビザ(査証)」の意味には、大きな違いがあります。

 

 

 

 

 

法律上の「ビザ」

 

法律上では「ビザ」とは「査証」のことを指します。

 

海外に在住している外国人が日本への入国に先立って、自国にある在外公館において、自身の所持するパスポートを提示します。その上で日本への入国を申請し、当該申請が日本の外務省によって審査されます。結果、「その者の日本入国に問題がない」と判断された場合に、パスポートに押される印(査証印)のことをビザ(査証)と言います。ビザ(査証)を簡単に言うと、外務省の機関(日本大使館や日本領事館など)からの推薦状になります。

 

 

 

 

 

一般的な「ビザ」

外国人は初めて日本に入国した際に、上述の交付されたビザ(査証)を上陸港にて入国審査官に提示します。入国審査官がビザ(査証)を確認し、上陸審査が問題なく終了すると入国の許可が与えられます。その時点で日本国から「日本に合法的に滞在することができる資格」を付与されます。これを在留資格と呼びます。日本では、この在留資格そのものをビザと呼んでいます。これらは本来のビザ(査証)とは全く違った用い方ですが、一般的には通用しています。

 

 

 

 

 

ビザ(査証)の役割

法律では、日本に入国しようとする外国人は、ビザ(査証)を免除とされている場合を除き、上陸申請時に、有効なビザ(査証) を所持していることが、要件の1つとされており、ビザ(査証)は 「日本上陸時の審査及び許可に必要な証明書」となります。

 

※ ビザ(査証)免除国一覧
(日本滞在期間が90日以内で、報酬を得る活動を行わないなどの様々な規定があります。)

 

以上の理由から、外国人が日本へ移住するには、「ビザ(査証)」が必要になります。

 

尚、当事務所HP内では、ご覧いただいている皆様の理解に資するため、在留資格を「VISA/ビザ」と記載することがあります。また、上記に記載されている在外公館などで発給される「査証」については「ビザ(査証)」と記載してありますので、予めご了承ください。

 

 

 

 

 

当事務所に依頼するメリット

 

 

依頼から申請までのスピードが段違い!
依頼が来たらすぐにアクションを起こします!専門の行政書士が、許認可取得までスピーディーに対処いたします!

 

年間実績100件以上!
経験豊富な行政書士が多数在籍しておりますので、安心してお任せください!

 

当事務所は、東北エリア全般を網羅しております!
お忙しい方のために、当事務所スタッフが直接あなたのもとへお伺いいたします!

 

費用を安く抑えられる!
他事務所に比べ、比較的安価な価格帯で承っております!
お客様一人一人に寄り添えるようなサービスを提案いたします。

 

 

☎ まずはお気軽にお問い合わせください!

当事務所は、各種許認可に精通している行政書士が在籍しております!宮城・仙台・福島・東北エリアでの各種許認可手続きをお考えの事業者様は、ぜひ当事務所にご連絡ください!誠心誠意をもって、最後まで対応させていただきます。

 

行政書士大越誠事務所
☎ 022-290-6859(相談料無料)

受付時間

9:00〜18:00 (土日祝対応可)
お問い合わせフォームからは、24時間受付しております。

 

TOP

トップへ戻る