TOP

外国人技能実制度

 

 

 

 

 


ご挨拶当事務所は、外国人技能実習生をサポートする監理団体の顧問を努めています。当事務所が推薦する監理団体は他団体と比べると、制度導入〜企業配属、その後のアフターフォローまで全てのサポートが大変充実しています。また、導入費用が比較的安価であり、国際業務に精通している司法書士・行政書士が在籍しているため、必ず皆様にお力添えができる監理団体であると確信しております。外国人技能実習制度の導入をお考えの企業...

外国人技能実習制度では、技能実習を適正に行うことができるように、実習実施者に対して、技能実習生を受け入れる前に、個々の実習生ごとに技能実習計画を作成し、OTIT(外国人技能実習機構)の認定を受けなければならないと定められています。団体監理型にて実習を行う場合は、監理団体の指導に基づいて、当該計画を作成する必要があります。この技能実習計画については、厚生労働省のHPで分野ごとのモデル例を公開している...

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた技能実習生が、在留資格「特定活動」へ変更が可能となる要件を紹介していきます。日本を含む世界の国々・地域が新型コロナウイルス感染症の影響により、出入国について厳しい制限措置を行っています。もし、在留資格「特定活動」へ変更することができれば、ある一定の期間に限りますが、引き続き適法に日本へ在留することが可能となります。在留資格「特定活動」の要件次に掲げるいずれかの...

日本の労働力市場の現状【日本の労働力不測の主な原因】■ 少子高齢化による労働力の減少。■ 若年層の東京一極集中化による地方単位での労働力の減少。■ 働き方改革によるワークスタイルの多様化。【人手不足だと感じている企業アンケート】「飲食業」   …     82.9%「情報サービス業」  … 71.3%「運輸・倉庫」  …    67.6%「建設業」   …    66.3%2018年度(2018年...

トップへ戻る